HOME > 人文学研究科について > 人文科学図書館

人文科学図書館

人文学の研究において図書館は必須の場所となります。人文学研究科の図書館(人文科学図書館)には、和漢洋の図書が約30万冊、雑誌4,100種類余り等が所蔵されています(2014年3月末現在)。中には18世紀の原書(Historiacriticaphilosophiae)や「正倉院文書」(写真複製)等の貴重なコレクションもあります。

●通常期は、平日8時45分から20時まで、土曜は10時から18時まで開館しています。試験期間中は、平日は21時まで開館を延長し、土曜・日曜・祝日も10時から18時まで開館します。

●主なサービス対象が人文学研究科および文学部の学生・研究者なので、蔵書の内容も人文科学系の資料が中心となっています。書庫を含め基本的に開架方式なので自由に閲覧できます。また、自動貸出装置により自分で貸出・返却することも可能です。

●館内には、学術情報基盤センターから配布されるIDとパスワードで利用できるパソコンが備え付けられ、論文を作成したり蔵書検索・論文検索等、図書館HPから提供されている種々のサービスも利用できます。

●学内の他の図書館・室にある資料は、文献複写サービスやデリバリーサービスにより、人文科学図書館で受け取ることができます。また、学内にない資料については、人文科学図書館を通して、他大学図書館を利用することもできます。また、貸借・文献複写依頼で資料を取り寄せることもできます。

●2012年度の改修で神戸大学初の「ラーニング・コモンズ」が設置されました。約50席分の可動式机と椅子、プロジェクターや大型モニターも備わっており、グループ学習や研修会、講演・授業などにもご利用いただけます。

神戸大学には人文科学図書館を含め10の図書館・図書室があります。人文・社会科学全般にわたる蔵書が約130万冊の社会科学系図書館を始め、他の図書館も人文学研究科の学生にとっては高い利用価値があります。神戸大学の学生は全ての図書館室をそれぞれの条件で自由に利用できます。

人文科学図書館 人文科学図書館

ページトップへ