HOME > 人文学研究科について > 社会文化論コース 美術史学

社会文化論コース 美術史学

教育研究分野について

美術史学は、人類の歴史的遺産として今日まで継承され、なお創造され続けている美術作品に対して、様式の分析や図像の解釈、制作過程の解明といったアプロ-チを行い、それらに関わる人間の営みを明らかにする学問です。地域・時代・民族による多種多様な美術の諸相の独自性を検証し、受容再生のコンテクストに基づく実証的な方法論を展開します。そのためには多くの美術作品にじかにふれることが重要ですが、本大学院では、美術館・博物館と密接に協力し、現場を重視した実践的な教育研究を行っています。

教員紹介

教員名 専門分野
教 授 宮下 規久朗 イタリアを中心とする西洋美術史・日本近代美術史
准教授 増記 隆介 仏教絵画を中心とする日本東洋美術史

リンク

ページトップへ