HOME > 文学部について > 史学 日本史学専修

史学 日本史学専修

過去との対話を通じて浮かびあがってくる私たちが生きる現在。

日本史学とは

日本史学は、現在「日本」と呼ばれている列島およびその周辺地域の歴史を研究することを目的とします。もちろん、より広く国際社会の中での「日本」の位置を歴史的に考えることも、研究の対象になります。歴史の研究といえば、過去の世界にひたすら埋没するように思われがちです。しかし、歴史を研究することは、何よりも私たちが生きる現代社会をより深く理解するということです。なぜならば、私たちが歴史に対して抱く興味や疑問は、今生きている私たちが抱えている問題と直結しているからです。また、過去の出来事を様々なデータ(文献史料、発掘成果、地理的条件、自然的条件等々)を駆使して復元し、その意味を時間軸に位置づけて問うことは、現在おこりつつある事象を理性的に理解することに直接役立ちます。歴史という「根っこ」を持たないものを想像することができますか?何を知るにも、その第一歩は歴史から始まるといってもいいでしょう。江戸時代のある哲人は「学問は歴史に極まり候ことに候」と言い切りました。現代的な意味においてもこの発言は的を射ています。卒業論文を完成したとき、皆さんが社会を見る目が、大きく変わることを私たちは確信しています。

授業では

日本史学専修の授業には二つの特色があります。第1は学年ごとに到達目標を定めた授業が充実していることです。1年生には大学での研究の基礎をゼミ形式で学ぶ授業を提供しています。2年次には3年生と混成チームで史料を使ったレポート作成に挑み、日本史研究の基礎となる史料の扱い方を学びます。3年次には4年生の卒業論文作成ゼミに参加し、自分が取り組むべき問題を絞り込んでいきます。これらの授業を通じて、同学年・先輩・後輩とともに学ぶ姿勢が自然に身につきます。第2の特色は、大学での研究と社会の接点について考えるプログラムが充実していることです。地域の古文書を調査したり、博物館や文書館と共同して展示会の企画運営に携わったりするなど、社会との関わりを持ちながら、自分の研究を進めることができます。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 奥村 弘 日本近世近代史。日本において近代社会が形成されてくる論理に関心を持ち、地域史、国家史、社会史を研究しています。
教 授 市澤 哲 日本中世史。とくに鎌倉・室町期の政治史。現在は中央政局と地域政治史の切り結びに注目して研究を進めています。また、軍記物や記録などの文献の分析にも興味を持っています。
准教授 河島 真 日本近代現代史。第1次世界大戦からいわゆる「戦間期」そして「戦中期」を経て戦後の国家が生成してくる様態を、政治史の観点から研究しています。
准教授 古市 晃 日本古代史。日本古代の国づくりの論理がどのように正統化されてきたのかについて、古墳時代から飛鳥時代を中心に考えています。

最近の卒業論文から

  • 「倭王権の列島支配の展開―『紀氏集団』との関係において―」
  • 「皇后官職・造東大寺司系写経所の運営と官人構成―阿倍内親王との関係を中心に―」
  • 「播磨国福泊関の関務に関する一考察―嘉歴二年の相論の検討を通して―」
  • 「中世伏見荘における地下侍の存在形態―大名被官化とその背景―」
  • 「近世中後期の伊丹町御金方による金融活動」
  • 「幕末維新期における藩儒の位置―三田藩を事例に―」
  • 「奈良県再設置運動の展開過程とその背景」
  • 「戦時期日本の国家意思決定―御前会議を中心に―」

卒業後は

学部の卒業生の進路は、就職と大学院進学の大きく二つに分かれます。就職先は一般企業(金融関係、メーカー、マスコミ関係、教育関係など)や公務員など、他の学部と極端な差はありません。中学校・高等学校の教員や博物館学芸員、文書館に勤務するアーキビストなどの専門職を志望する学生の多くは、大学院博士課程前期課程に進学します。前期課程を終えて、一般企業に就職するケースも少なくありませんが、さらに専門性の高い職種を目指す学生は博士課程後期課程に進学します。

教員からのメッセージ

歴史を学ぶいとなみとは、本来、知識の無秩序な詰め込みや、あらかじめ決まっている正答を探し出したりするような勉強の仕方とは、かけ離れたものです。過去の人びとが残したさまざまな痕跡を手がかりに、解き明かすべき課題と向き合う作業は、創造的で、刺激に満ちたものです。歴史に何を問いかけるかは、実は現在を生きる私たちの考え方を反映しているものです。過去の人びとと向き合いながら、私たちは自分自身の生き方と向き合っているのです。同じ世代の仲間や教員と共に、歴史の森に分け入り、過去と未来について考えてみませんか?

(古市晃)

卒業生からのメッセージ

一見すれば歴史学と私たちの生活は関係が薄いようですが、過去の人々が書き残したものを丁寧に読み込み、そこから読み取れる事実をひとつひとつ積み上げて自分なりの歴史像を組み立てるという歴史学の姿勢は、社会で求められる姿勢に大変似ていると思います。学問から離れて銀行で働いているいま、常に根拠を明らかにして自分の考えを相手に伝えることが求められる中で、日本史学専修で身につけた姿勢が活かされていると感じます。地道に論拠を積み上げていく作業は大変な根気と努力のいることですが、先生方や先輩方の助けを借り、同期や後輩たちと刺激しあいながら、自分の考えを一から組み立てる楽しさを日本史学専修で見つけてください。

(伊藤沙紀 2011年3月卒業 株式会社三菱東京UFJ銀行勤務)

リンク

ページトップへ