HOME > 文学部について > 知識システム 芸術学専修

知識システム 芸術学専修

「好き」にこだわる感性と、「好き」をクールに分析する知性。

芸術学とは

造形芸術、音楽、演劇、写真、映画など、「芸術」は、人類の生み出した最も偉大な精華のひとつとして、汲み尽くせない意味をもって私たちに語りかけています。この語りかけに学問的に応えること、それが、芸術学専修の目指していることです。
古今東西、多様なしかたで現れる芸術の研究方法には、次のふたつがあります。ひとつは、芸術一般を原理的、理論的に考察すること、もうひとつは個別の芸術ジャンルを具体的に分析、研究することです。前者では、芸術創造のメカニズム、芸術体験の構造、想像力の問題、また芸術ばかりでなく自然美や身近な美しいものに触れたときの美的経験、共通感覚など、論理や数値では説明しがたい興味深いテーマも扱います。また、後者の個別芸術の研究では、造形芸術(建築・デザイン論、現代アート論)、映像芸術(写真論、映画論、メディア・アート論)、上演芸術(演劇・舞踊・パフォーマンス論、クラシック/ポピュラーを含む音楽論)などが主な対象となります。とはいえ、このようなふたつの研究方法には共通点があります。それは、美的経験にダイブする感性と、好きや趣味への耽溺からあえて身を引き離し、冷静に分析しようとする知性です。

授業では

講義、演習、卒論演習から構成されています。講義は、さまざまな美学思想や芸術理論を概観し、諸芸術をめぐる具体的なトピックを取りあげて多角的に考察していきます。スタッフは少ないですが、諸分野からの非常勤講師(例えば現代舞踊、マンガ研究など)によって、広い芸術領域をカバーしています。演習では、芸術理論に関わる基礎文献の読解と、個々の作品分析に力点を置きます。ここでは学生が主体的に参加し、資料の扱い方、作品へのアプローチ法などを修得します。卒論演習では、卒論作成の準備として主に3、4回生が発表を行い、全員でディスカッションします。1、2回生もテーマの選び方や発表方法などを学ぶ意味で積極的に参加してもらいたいと考えています。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 前川 修 芸術学。とくに、写真論、映画映像論。写真、映画を含め19世紀から現在に至るさまざまな視覚文化を横断的に研究しています。
准教授 大橋 完太郎 感性論・芸術論・表象文化論。感覚と物質の相互作用として人間を捉える西洋近代の唯物論的人間観をベースに、人間とその技芸・芸術(art)が達成しうるものの理論的可能性について研究しています。

最近の卒業論文から

  • 「現代におけるコラージュ」
  • 「楽器演奏と身体―マリンバ曲〈Rhythmic Caprice〉研究―」
  • 「webマンガはどのように読まれているのか」
  • 「廃墟ブームにみられる廃墟観の変容」
  • 「日本のミニチュア―江戸小物細工にみる縮小の日本文化―」

卒業後は

民間企業(新聞、出版、広告、商社、運輸、金融、建築、製造などの各業種)に就職する者のほか、公務員になる者、また芸術への感性を生かしてマスコミ、都市計画、デザイン関係で活躍する者、大学院に進学して研究を続ける学生など、さまざまです。なお、困難な道ではありますが映像作家や脚本家へと進んだケースもあります。映画監督などの実作活動へと進んだ者、海外でフリーのライターやジャーナリストとして活躍している者もいます。

教員からのメッセージ

実技コースではないので、実際に創作活動に携わったことがあるかどうかは問いませんが、具体的な芸術ジャンルのどれか(文芸・演劇・映像芸術・音楽など)への深い関心と経験、文献資料をこなす確かな語学力が望まれます。好きでたまらないというこだわりや美的センスはもちろん大切で必要ですが、それだけでなく芸術やアートから一歩距離をおいたクールな問題意識、知的な探究心も必要です。専攻する学生各自が自らの芸術的・学問的興味に従ってのびのびと研究を進めています。

(前川修)

卒業生からのメッセージ

卒業論文では、メディアテクノロジーを利用したライブパフォーマンスについて研究しました。劇場で数多くの作品に携わる今、ライブパフォーマンスのあり方が更に変貌を遂げていくのを目の当たりしています。まるで毎日がこの研究の延長のようで、探究心は尽きません。「芸術学」は、自分の好奇心を舵取りに、様々な知識の海へ自由に漕ぎ出せる、最高にスリリングで楽しい学問です。きっとあなたにしかできない、航海が待ち受けているはずです。

(桐井環 2011年3月卒業 梅田芸術劇場勤務)

リンク

ページトップへ