HOME > 文学部について > 文学部の構成と専修の決定

文学部の構成と専修の決定

文学部の構成

文学部は5つの学科目と15の専修によって構成されています。人文学の古典的領域を中心に哲学、文学、史学、人文学の現代的テーマを中心に知識システム、社会文化があります。

哲学

  • 哲学専修

哲学は自己と世界のあり様を、またそのあるべき姿を根本から問う学問です。哲学は科学と日常の世界認識の根拠を問い、自己の存在意味を見詰めてきました。また今日では、例えば、先進医療の生み出す倫理的問題の解決を提案し、持続可能な社会にふさわしい価値観を構想することも探究の課題としています。人類の叡智を学びつつ、現代の思想状況を踏まえ、社会の諸問題にも向き合えるように、広く深く探究していきます。

文学

  • 国文学専修
  • 中国文学専修
  • 英米文学専修
  • ドイツ文学専修
  • フランス文学専修

文学には、小説、物語、詩、劇作、文芸思想などさまざまなジャンルがあります。それらの作品を、日本、中国、イギリス・アメリカ、ドイツ、フランスのいろいろな時代において研究対象にしていきます。作品の構造とその主題、登場人物の人間性とそこに反映する時代の文化、言葉の構成とその重層的な意味、文学テクストを読解することの意味などを解明し、人間の感性や理性が多様に発露していくさまを考察します。

史学

  • 日本史学専修
  • 東洋史学専修
  • 西洋史学専修

史学では、古代から近代まで、日本、東洋、西洋の歴史を研究します。帝国の成立と崩壊、王朝支配と都市文化、宗教改革や民衆運動、政治外交と国際関係などのテーマが掲げられます。社会には支配と抵抗、新しく勃興するものと古く衰退していくもの、変わりにくいものと変わりやすいもの、という対抗する多くのモメントが働いており、それらのダイナミズムをとらえることによって歴史のテーマを深めていきます。

知識システム

  • 心理学専修
  • 言語学専修
  • 芸術学専修

知識システムでは、人間がどのようにして外界の事象や人を知覚していくのか、そしてそれをどのように認識し思考していくのか、さらにそれに対してどのように意思と感情を表出し創造していくのかを探求します。三つの専修から成り、心理学は実験によって知覚、判断、反応の解明を、言語学は諸言語の構造比較によって認識と思考の解明を、そして芸術学はさまざまなメディアにおける表現様式の解明を行います。

社会文化

  • 社会学専修
  • 美術史学専修
  • 地理学専修

社会文化には、社会学、美術史学、地理学の専修があります。人間はそれぞれの地域社会において生活しながらさまざまな文化的形象物を生み出しています。それらを、社会学ではコミュニケーションや社会問題現象を通じて、地理学では地域空間に写像された人間活動を通じて、また美術史学では日本、アジア、西洋における美術文化の生成と継承のあり方を通じて解明していきます。

専修の決定

文学部で取得できる資格
教員免許状
・中学校教諭一種(国語、社会、英語)
・高等学校教諭一種(国語、地理歴史、公民、英語)
その他の資格
学芸員の資格、社会調査士

文学部に入学した学生は1年生の後期に進むべき専修を決定し、2年生からそれぞれの専修に所属することになります。各専修には定員(6~24名)があり、志望者が定員を超えた場合は、試験や面接などによる選考が行われます。大学入学後の成績が参考にされることもあります。残念ながら選考に漏れた場合は、定員を超えていない第2希望、第3希望の専修に進むことになります。平成22年度は2専修、平成23年度は1専修、平成24年度は4専修で選考が行われました。

文学部では、事前に専修ガイダンスを開催したり、志望状況を見て考え直すことができるようにしたりするなど、なるべく定員を超えることがないように努めています。「講座入門」,「人文学導入演習」,「人文学基礎」など専修決定の参考になる授業を履修し、興味のある専修の教員に直接話を聞きに行くなど、後悔しないよう慎重に検討して志望専修を決定して下さい。

ページトップへ