HOME > 文学部について > 知識システム 心理学専修

知識システム 心理学専修

人間の知覚・意識・行動のメカニズムを実験により科学的に解明します。

心理学とは

人間の“心”と“行動”について科学的な理解をめざす研究領域です。ものを見たり聞いたり触ったときに生まれる「感覚」や「知覚」はどのように成立するのか?そして、そのことを覚えておいたり、それについて考えたりする「記憶」や「思考」という情報処理過程はどのようになっているのか?好きな人や嫌いな人に会うとなぜ特定の感情を経験するのか?ある友人は信頼できるのに、別の知り合いのことは信頼できないのはなぜなのか?等々、心理学専修で実証的に扱う問いはもっとたくさんあります。このような問題に対して、実験という手法で挑むのですが、一口に実験といっても、実は多様な“答え”を出すことができます。たとえば、ある心理現象に脳がどのように関わっているのかを調べることもできるでしょう。どのような場合に特定の感覚や行動が生じやすいのかを調べることで、そのような感覚・行動を引き出す要因を明らかにすることもできるでしょう。また、そもそもそのような行動がなぜ人間に備わっているのかを考えることもできるでしょう。私たち心理学専修の教員と学生は、人間の“心”と“行動”を深く理解することを目指して実証的な研究を行っています。

授業では

実証的な研究スキルを養うため、実習に力を入れています。「心理学初級実験実習I」では、1単元につき1〜2週間のペースで心理学の幅広い分野における基本的な実験を行ないます。そして、各単元について、実験の目的・方法・結果・考察という構成のレポートを提出します。このレポートは、心理学専修の卒業論文作成への練習にもなります。さらに「心理学初級実験実習II」では学生本人がテーマを選び、1学期につき2つ程度の実証的研究を行ないます。また、データ分析に欠かせない心理統計と分析ソフトウェアの使い方を学習します。これら実習科目の基盤となる知識を得るため、各教員の専門領域を中心とした講義や演習を毎学期開講しています。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 喜多 伸一 知覚心理学。身体と感覚に関する実験とモデル構成により、科学を進展させ社会に貢献することを目指しています。
准教授 大坪 庸介 社会心理学。特に進化社会心理学。ヒトの社会行動の特徴を実験により調べ、それを進化論の観点から検討しています。
准教授 石井 敬子 社会心理学。特に文化心理学。人の心と文化は相互に構成し合っているという観点から、さまざまな比較文化実験を通じ、文化の日常的慣習を反映した心の性質を検討しています。
准教授 野口 泰基 認知神経科学。知覚や記憶などの心理学的な現象がどのように発生するのか、人間の脳の神経活動を実際に観察することによって調べています。

最近の卒業論文から

  • 「皮膚伝導反応測定によるラバーハンド錯覚と「第3の腕」錯覚の比較」
  • 「触覚探索における出現確率効果」
  • 「相対音感と脳機能の関連」
  • 「発達と感情理解の仕方の比較文化研究」
  • 「友人関係と互恵的利他主義について」

卒業後は

就職先の職種としては情報関連、流通、出版、および公務員等が一般的です。大学院に進学する人も少なくありません。心理学専修の内部で進学する人たちは、修士課程2年間で自分の研究をさらに深めて一般企業や公務員として社会へ出る人と、博士課程に進み研究者への道を歩む人がいます。また、文学部心理学専修ではカバーしていない臨床心理学系の資格のために神戸大学発達科学部の大学院や他大学の大学院に進学する人もいます。

教員からのメッセージ

心理学というとどのようなイメージを持ちますか?テレビや雑誌で目にする性格検査のようなものでしょうか?ところが、それは実際の心理学とは全く違います。心理学では実証的・科学的研究手法により人間の心の働きを調べています。脳波や眼球の動きを測ることもありますし、実際に特定の状況で人々の行動がどのような変化するのかを調べることもあります。皆さんも、私たちと一緒に人間の心の働きを科学的に研究してみませんか?

(喜多伸一)

卒業生からのメッセージ

皆さんは心理学ってどんな印象がありますか。面白そう?難しそう?かもしれません。 実際、授業では英語で書かれた論文を読み、実験や、結果の分析も行います。パッと聞いた感じは少し難しそうに感じるかもしれませんが、優しい先輩や先生方が分からない事はなんでも教えてくださる素晴らしい環境があり、理解出来た時の達成感は非常に大きいものがありました。
いざ社会に出た時に“私はこういう事を大学で学んでいた”と胸を張って言える、そんな経験をさせてくれた心理学を皆さんも少し覗いてみてください。

(和佐直樹 2011年3月 文学部卒 (株)大和証券勤務)

リンク

ページトップへ