HOME > 文学部について > 文学 国文学専修

文学 国文学専修

千三百年に亙る日本語の沃土千里を拓き、日本文学の豊饒の海万里を航く。

国文学とは

国文学専修は、国文学、国文学近代、国語学の3分野からなり、古代から近現代にいたる各時代の日本語・日本文学についての研究を行うところです。人は言葉によって思考し、あらゆる思想や、人生観や、喜怒哀楽などを文学に投影してきました。日本語・日本文学の歴史と現在を学ぶことは、日本人の精神がこれまで辿ってきた道と現在のあり方、そしてこれから進むべき行く先を追究することに他なりません。そのことを通して、自分の立つ位置について確かな目を持つことは、私たちに、揺るがぬ自信と判断力を与えてくれます。

また、日本語・日本文学の研究は今や日本だけのものではありません。国文学専修は、東アジア諸国、英、米、東欧など、様々な国から多くの留学生を受け入れています。国文学専修で学ぶことは、それぞれ異なる文化的背景を持ちながら、日本人の思想や文学に強い関心を持つ留学生と交流する日々でもあります。彼らは、私たち日本人が実はいかに日本を知らないか、ということに気づかせてくれるとともに、異なる立場から日本文化を見つめる視点も教えてくれます。国文学専修は、世界に開かれた目を持ち、世界に向けて日本文化を発信できる国際人を育てる場でもあるのです。

授業では

国文学専修には国文学3名、国語学2名、計5名の教員がおり、各教員とも特殊講義と演習の2種類の授業を担当しています。特殊講義では、各分野での最先端のトピックや各教員の研究内容などについて、時に学生との議論も交えながら講じます。演習は、ある作品や研究論文について学生が研究報告をし、その後、教員の助言のもと、学生同士で討論するという形が一般的です。それを通じて、互いに調査や論理構築などの研究能力を研鑽します。
例えば、2018年度前期の演習課題は「『源氏物語』若菜上巻を読む」「『平家物語』をはじめとする日本中世文学のテクストを対象に、各受講生による個別報告と参加者全員による討論を行う」「『虞美人草』を読む」「現代日本語の条件文の意味と文法」「真名本『伊勢物語』講読」です。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 福長 進 平安時代の物語。特に『栄花物語』、『大鏡』等の歴史物語を研究の対象としています。
教 授 鈴木 義和 日本語文法。特に現代語、古典語の条件法・接続法を研究しています。
教 授 樋口 大祐 中世文学。『平家物語』等を対象に、歴史語りのスタイルが複数の視点を持ちうるための仕組みを探求しています。
准教授 石山 裕慈 国語史。日本語の音の歴史を研究しており、その中でも特に日本漢字音史(つまり漢字の「音読み」の歴史)に関心を抱いています。
准教授 梶尾 文武 日本近代文学。昭和期における文学と思想の複合的展開を研究の対象としています。

最近の卒業論文から

  • 「円城塔論」
  • 「中世説話における動物表象について」
  • 「『源氏物語』論考」
  • 「綿矢りさ論」
  • 「日本語における二人称について」

卒業後は

卒業後は、試験を経て大学院人文学研究科博士課程前期課程に進み、より高度な研究を続ける学生と、就職する学生とに分かれます。就職先の業種は、中高の国語科教員、各種公務員、マスコミ(出版社・新聞社等)、金融機関、シンクタンク、運輸、その他さまざまです。大学院に進学した学生は、博士課程前期課程修了後、中高国語科教員、公務員、企業等に就職するほか、一部はさらに博士課程後期課程に進み、研究者、大学教員等になります。

教員からのメッセージ

どんな学問でもそうですが、国語学や国文学の研究には、周囲の動向に動かされず、自分で考え、かつ感じるということが何よりも必要です。よい研究の多くは (一見無関係に見えるとしても)研究者個人の現実生活の中で芽生えた、実存的な要求に基づいているものです。その意味で、「今」をよく考え、よく生きたいと思っている全ての人々を、当専修は歓迎します。

(樋口大祐)

卒業生からのメッセージ

当専修では、主に、古代から現代に至るまでの文学作品を研究対象に据える「国文学」と古文や現代の文法、音韻などを考究する「国語学」について学びを深めることができます。
私自身、現代に残された古の人々の文章を紐解き、それを基に議論を重ねていくことで、自らの思考の幅は大きく広がり、また物事を多角的に捉える視点を養うことができました。目まぐるしく変化する現代だからこそ、そのような視点を持つことは肝要だと思います。皆さんも当専修で多様な価値観に触れ、視野を広げてみてはいかがでしょうか。

(斉賀万智 2014年3月卒業 兵庫県立高校教諭)

リンク

ページトップへ