HOME > 文学部について > 史学 東洋史学専修

史学 東洋史学専修

今後ますます重要になる東アジア世界とイスラーム世界の歴史と文化について考える。

東洋史学とは

神様になった毛沢東
神様になった毛沢東。
2006年、中国のある村で。

ヨーロッパと日本を除いたユーラシア大陸の全域が東洋史学の研究対象とする地域です。そこには古来、複数の文明と宗教、多数の民族と言語が存在してきました。当専修では、二つの主軸を設定して教育カリキュラムを組んでいます。一つは、ほぼユーラシア大陸をおおうイスラーム世界であり、いま一つは我が国の歴史とも密接な関係をもつ東アジア世界です。
学生諸君はアジア全体への視野と基礎知識を養いつつ、自らの対象領域を選択しなくてはなりません。原語の文献史料に取り組めるレベルにまで到達するのは、決して容易なことではありませんが、じっくりと腰を落ち着けて勉強するのが好きな人には、逆に向いているとも言えるでしょう。そして、ユーラシアの歴史に対する理解がすすめば、一見身近に感じられる「アジア」「東洋」が私たちの「常識」とは違う「常識」を持つ世界であり、その「常識」も実に様々であることがわかってくるでしょう。東洋史を学んだあとに見えてくるアジアは、きっと今の皆さんの持っているアジア・イメージとは別のものになるはずです。

授業では

2006年、バードシャーヒー・モスク
2006年、バードシャーヒー・モスク
(ラホール・パキスタン)

カリキュラム・授業内容の特色としては、中国語(古典中国語〔漢文〕と現代中国語両方を含む)、アラビア語、ペルシア語、トルコ語など、自らの興味ある分野に関する語学面での訓練を重視し、それらの言語で書かれた原史料、原書を使いこなせる学生の育成につとめている点があげられます。授業は、西アジア史、南アジア史、中国各時代史が中心ですが、そのほかの領域についても、専門知識を有する非常勤講師に担当してもらうことによって、ほぼトータルな東洋史知識が得られるように構成されています。最近の授業科目からいくつかをあげると以下のようなものがあります。
「1793年のマカートニー使節団の研究」、「中国王朝の人材登用と社会変動」、「南アジア・イスラーム社会史研究の諸問題」、「アラビア語辞書編纂史」、「『資治通鑑』講読」、「スユーティー『カリフ史』講読」。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 緒形  康 中国近現代史。特に20世紀東アジアの思想文化史。
准教授 真下 裕之 南アジア史、イスラーム史、インド洋海域史。
准教授 伊藤 隆郎 アラブ史、イスラーム学。特にマムルーク朝時代史。
准教授 村井 恭子 中国古代史、古代東アジア国際関係史。

最近の卒業論文から

  • 「20世紀前半中国における従軍女性」
  • 「1833~34年全羅道における刑事事件の研究」
  • 「サファヴィー教団にまつわる歴史叙述の変遷」
  • 「朝鮮王朝時代の医女に関する一考察」
  • 「後ウマイヤ朝のハージブについて」

卒業後は

卒業後、大学院に進学してさらに研究を続ける者の他は、就職を選んでいます。昨今の厳しい状況の中でも、就職活動は概してうまくいっており、就職先は民間企業(鴻池運輸、三井住友銀行、住友金属工業、日本郵船など)、公務員、中高教員など多岐にわたっています。

教員からのメッセージ

歴史学では、政治、経済、文化、環境など、およそ人間の関わるあらゆる事柄が研究対象となります。なかでも東洋史学の領域は文字通り長大で、時間的には有史以来現代まで、空間的にはアジア(日本も入ります)はもちろんアフリカや、時代によってはイベリア半島やバルカン半島なども含みます。東洋史学でなら、歴史好きは言うまでもなく、そうではない人も、興味をもって取り組めることがきっと見つかるはずです。

(伊藤隆郎)

卒業生からのメッセージ

在学中に勉学を通して身に付いた力は様々あります。それらの中でも特に大きなものは以下の2つです。まずは歴史史料を読むための語学といった専門的な技能、つぎに自ら課題を見つけて自発的に取り組む力です。馴染みのないイスラーム世界の言葉には苦労しましたが、その分成長の喜びを味わう事ができました。また、大学で学んだ課題に取り組む姿勢や考え方は、社会に出てからも存分に生かす事ができると思います。
どっぷり学べる東洋史学専修、おもしろいですよ!

(戸野裕子 2011年3月卒業 富士通エフ・アイ・ピー株式会社営業職勤務)

リンク

ページトップへ