HOME > 文学部について > 文学 ドイツ文学専修

文学 ドイツ文学専修

ドイツ語文化圏を知ることは、ヨーロッパを理解する鍵。

ドイツ文学とは

ドイツ文学専修では、ドイツ語で書かれた文学を研究対象としています。ドイツ語はヨーロッパの中心に位置する4つの国、ドイツ、スイス、オーストリア、リヒテンシュタインの公用語です。また、北イタリアやフランスのアルザス地方、ルーマニアのトランシルヴァニア地方などにもドイツ語を話す人々が住んでいます。これらのドイツ語圏の国々や地域は、歴史的・文化的にオランダやチェコ、ポーランドなどの近隣諸国と深いつながりをもっています。これだけの広がりをもつドイツ文学/ドイツ語文学は、さらにまた、哲学や音楽といった他の学問領域とも密接な関係にあります。つまり、ドイツ文学専修で学べることは、みなさんが想像する以上に広範なものなのです。
授業では中世から21世紀までの文学を幅広く取り上げます。まず文学的なテクストとの付き合い方を学ぶことから始め、ドイツ語で書かれたさまざまなテクストを緻密に読み解く作業を通して、作品の構造やテーマ、思想といったものを考察していきます。そこにはこれまでまったく知らなかった世界が広がっているはずです。
文学研究が扱うのは人間そのもの。文学を学ぶことは、私たちの生きる世界を確実に広げ、豊かにしてくれます。

授業では

ドイツ語は4年間かけてしっかり学習します。文学作品を読みこなすだけの読解力を習得するための授業のみならず、コミュニケーション能力を重視した授業もネイティヴの教師によって提供されています。それと並行して、ドイツ文学史やドイツ文学特殊講義といった授業を通して専門的な知識を身につけ、演習でレポートや論文の書き方を学んでいきます。卒業論文を仕上げることが最終目標ですが、それが無理なく完成できるような仕組みになっています。ドイツ文学専修は小さな専修ですが、大学生活の中では、この小ささが大きなメリットになります。毎日の授業は少人数で行われるので、教員の指導が行き届き、学生同士も親しい人間関係を作りやすくなっています。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 増本 浩子 ドイツ現代文学。特に20世紀のスイス・ドイツ語文学。
ブレヒト以降の演劇論や、スイスにおける多言語多文化主義といったテーマにも取り組んでいます。
講 師 久山 雄甫 ドイツ思想史、日欧文化比較論。ゲーテの作品を中心にとりあげつつ、ドイツ語のガイスト概念の変遷史を研究しています。また「ガイスト」と東アジア思想における「気」概念の比較考察にも取り組んでいます。

最近の卒業論文から

  • 「ノサック『死とのインタヴュー』にみられる文学の可能性」
  • 「飛躍の諸相―レッシングの『賢人ナータン』を中心に―」
  • 「ロベルト・ムージル『愛の完成』について」
  • 「多和田葉子『ゴットハルト鉄道』における翻訳・身体・言語」

卒業後は

就職先はさまざまですが、伝統的には中学校や高等学校の英語教員になる卒業生、あるいは一般企業でも新聞社や航空会社のように、語学力の生かせる職場を選んだ卒業生が多いです。ここ数年は公務員を志望する学生が増えています。毎年何名かは大学院に進学して、より専門性の高い職種を目指しています。

教員からのメッセージ

ドイツ語で書く作家たちの出身地はドイツ、オーストリア、スイス、チェコ、トルコ、ロシアと実にさまざまです。ドイツ語圏の国々はヨーロッパのちょうど真ん中に位置し、歴史的にも文化的にも他のヨーロッパ諸国と緊密な関係を持っています。ドイツ文学を通じてドイツ語圏の文化や社会、歴史を知ることは、ヨーロッパを理解する鍵です。ドイツのみならず広くヨーロッパに興味のあるみなさん、ドイツ文学を学んでみませんか?

(増本浩子)

卒業生からのメッセージ

ドイツ文学とは、広くドイツ語で書かれた文学のことを指します。ドイツ文学の勉強を通じて、ドイツ語はもちろん、ドイツひいてはヨーロッパの歴史や文化について学ぶことができました。歴史や文化といった作品のコンテクストを理解する力は、現代における他者や出来事に対する想像力を養ってくれたと感じています。
小難しいことを書きましたが、大学に入るまでドイツ語にもドイツ文学にも触れてこなかった私が独文専修に決めた理由は、「講義が面白かった」のと「専修の雰囲気が良かった」から。皆さんもどうぞ自分のピン!ときた専修で勉学に励んでください。何か得難いものが見つかるはずです。

(原田優香 2015年3月卒業 第一生命保険株式会社勤務)

ページトップへ