HOME > 文学部について > 史学 西洋史学専修

史学 西洋史学専修

広い世界・遠い世界を、多様なアプローチで再構成することが可能な、間口の広い学問です。

西洋史学とは

西洋史学が研究対象とする西洋社会が19世紀に生み出した文化は、世界の多くの地域に影響を与えました。日本も例外ではなく、明治以来西洋社会は学ぶべき対象とされ、その西洋社会の歴史学を学ぶ西洋史学には特別な地位が与えられていました。しかし今日一つの価値基準に合わせて世界が動かされる時代ではなくなっています。従って旧来の「西洋史学」は没落したわけですが、しかしそこから西洋史学の再生も始まります。「モデル」を対象とした西洋史研究では見えてこなかった様々な事象が、世界史の中でよみがえります。時代の先端に立って、ともに西洋史学を切り開いていきませんか。神戸大学文学部の西洋史学は専任教員が4名で、古代から現代までの時代をカヴァーしています。地域で見ると、教員の専門はフランス、イタリア、ギリシア、オーストリア、ハンガリーと偏りがありますが、卒業論文のテーマは自由に選ぶことができます。イギリス史やアメリカ史など特に手薄な分野は、非常勤講師の応援を得て出来るだけ学生の関心に沿った教育研究指導を行うように努めています。

授業では

西洋史の授業は、基本的に4年間の学習で卒論の作成が可能となるよう、有機的に組み合わされています。1年次には史学入門や人文学基礎(西洋史)に参加して、大学で西洋史を学ぶための問題意識を育てます。2年次から洋書講読(英・仏・独)の演習に参加し、研究に必要な基礎学力を身につけます。特殊講義はそれぞれの教員が最先端の研究について講義するもので、現段階での研究の到達点を知ることができます。専任教員がカヴァーできない分野は非常勤の先生の応援で補っています。研究テーマが絞られてくる3年次からは卒論作成のための演習に参加し、大学院生のアドヴァイスや教員の研究指導を受けつつ研究を進めて、4年次で卒業論文を完成させることになります。

教員の紹介

教員名 専門分野
教 授 大津留 厚 西洋近現代史。中央ヨーロッパを中心に研究しています。
准教授 髙田 京比子 西洋中世史。中世イタリアを中心に研究しています。
准教授 小山 啓子 フランスの王権と都市社会を中心に研究しています。
准教授 佐藤 昇 西洋古代史。古代ギリシアの歴史を様々な角度から研究しています。

最近の卒業論文から

  • 「16世紀パリの国王入市式と祝祭」
  • 「17世紀前半スウェーデンの外交研究―スウェーデン宰相アクセル・オクシェルナの戦略を中心に―」
  • 「近世イギリスにおける海賊と私掠―ヘンリ・エイヴァリー一味の裁判からみる「万民の敵」としての海賊―」
  • 「18世紀ドイツにおける脱走から見る軍隊と社会の関係」
  • 「ランツゲマインデから見る18世紀グラールスの支配層」
  • 「イギリス・中国間におけるアヘン貿易とその終結―イギリス人から見た英中禁煙協定を中心に―」
  • 「第一次世界大戦下アメリカの戦争広報活動―4分演説人から見る市民の自主性―」
  • 「帝国議会から見る16世紀神聖ローマ帝国の「まとまり」」

卒業後は

西洋史学の授業は狭い意味での職業教育ではなく、広い教養と歴史的なものの見方を身につけ健全な判断力を持つ市民の育成を目指しています。したがって卒業後の進路も多様で、民間企業、公務員、教師などさまざまな職種がありますが、中には海外で活躍するチャンスのある職業を選ぶ人もいます。大学院進学者は2〜3名で、少なくともその半数は博士前期課程修了後に公務員、民間企業などに就職していきます。

教員からのメッセージ

西洋史は西洋という「他者」の歴史を古代から現代まで研究する学問です。そこには「他者」の歴史ゆえの難しさは当然ありますが、現在の日本から「距離」がある分、それだけ思考の地平を広げてくれる分野といえるでしょう。また、今現在の欧米世界を理解するためにも過去へのまなざしは重要です。先人の研究蓄積を手がかりに外国語の文献・史料を読み解いて自らの見解を見いだす作業は大変ですが、それだけに達成感や喜びにも大きいものがあります。

(髙田京比子)

卒業生からのメッセージ

大学4年間は、仕事上の必要、あるいは趣味としてではなく、自分の関心に従ってあるテーマに取組み自分なりに成果をまとめる貴重な機会です。卒業後も西洋史学専修での研究と強く関連する仕事に就く人は少ないでしょうが、1つのテーマとじっくり付き合った経験は自分の思考手順を育てていく手がかりになると思います。読書会やゼミ合宿もとてもいい思い出になるので、皆さんも西洋史学専修での大学生活をぜひ堪能してください。

(三好祥子 2007年3月卒業 愛媛県庁勤務)

リンク

ページトップへ